メインイメージ画像

葬儀当日にお贈りする即日返し

基本としては香典というものはお供え物ですからお返しはしないものですが、現代では受け取ったお香典の額の半分くらいのものをお贈りする半返しだったり、3分の1程度のものを贈るのが風習となっているようですね。一般的に香典返しの予算はどの程度が妥当なのでしょうか。香典返しの予算はお相手によって変わることもありますが、香典の額に関係なく同一の品を葬儀当日にお贈りする即日返しという方法もあります。

葬儀の後の香典返しにもいろいろなしきたりや風習が存在し、悩みや迷いが付きものです。

例を挙げれば香典返しを贈る時期だったり挨拶状について、品物の相場や選び方、その他いろんな細かいマナーなど、これらはその地域によっても異なり、それを知らなかったがために後でトラブルに繋がったケースもあるようです。失敗しないためにも、インターネットや書籍などで事前によく情報を得て、そしてその地域のしきたりも把握しておくことが妥当と言えるでしょう。

香典返しは、品物を贈る時期にもある程度常識があります。

その方が亡くなって49日間を「中陰」と呼び、この時期は当人が極楽へ旅立てるか否かの裁定というものが7日間ごとに行われ、そしてその結果が判定されるのが49日目であり、「忌明け」と言うようです。香典返しにおいては、基本的にはこの忌明け後に行われるようです。ですが地域によってもしきたりは異なり、最近では葬儀の日に香典返しを贈る即日返しといったものもあります。