メインイメージ画像

風習が異なる

世間で一般的な香典返しのマナーとしては、例えば水引きは黒白や黄白の結び切りとかその変形型のあわじ結びという点だったり、それ以外でも贈る時期、品物の種類、挨拶文の書き方、辞退された場合の対応、お手伝いや弔電のお礼等いろいろとありますが、実のところこれらはその地方によっても風習が異なるようなので、実際はトラブルなどを回避するためにもその地域の風習に合わせていくのがベストな方法と言えるのかも知れません。

カタログギフトは香典返しの場面にもその独自の長所を活かすことができます。カタログギフトとは、購入したカタログを送り受け取った相手にカタログの中から好きな品を選択してもらうといったギフトで、メリットはやっぱりお相手が自ら欲しい品物を自由に選べるという点や、賞味期限がなく持ち運びも便利、価格帯も豊富で様々なお香典額にも対応できるということなどが挙げられますね。

人によりますが、選ぶ楽しみを味わってもらえるという部分はやはり大きいでしょう。

香典返しについては、贈る時期にもある程度常識といったものがあったりします。故人が亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、この時期は故人が極楽へ行けるか否かの裁定といったものが7日ごとに行われ、そしてそれが判定されるのが49日目であり、「忌明け」と言うようですね。

香典返しは、一般的にはこの忌明け後に行われるようですね。でも地域によってもしきたりは異なり、また最近では葬儀当日に香典返しを手渡しする即日返しといったものもあるようです。