メインイメージ画像

品物の相場

品物の相場は基本的に頂いたお香典の3分の1から半分程度までのようですね。ちなみに後者は半返し、という名称で呼ばれているようです。香典返しの相場についての注意点としては、後返しの場合、葬儀の当日のうちに香典返しをする即日返しと違って送料等が発生することです。しかし今は送料無料の品物を出品しているお店もありますので、予算を抑えたい場合は上手に活用していくと良いでしょう。

香典返しでは、それを贈る時期にもそれなりに常識というものがあります。故人が亡くなって49日の間を「中陰」と言い、この時期は当人が極楽へ行けるか否かの裁定というものが7日間ごとに行われ、そしてその結果が決定されるのが49日目であり、この日を「忌明け」と言うようです。香典返しにおいては、一般的にはこの忌明けの後に贈られます。ですが地方によってしきたりは異なり、また最近では葬儀当日に香典返しを渡す即日返しというものもあるようです。

葬儀の際の香典返しについてもいろんなしきたりや風習が存在し、悩みや迷いは付きものです。例を挙げれば香典返しの品を贈る時期だったり礼状の書き方、品物の相場、その他様々な暗黙のマナーなど、これらはその地方によって異なり、それを知らなかったがために後々トラブルに繋がったケースも多少はあるようです。後悔しないためにも、ネット上や書籍などで前もってよく知識を得て、またその地方のマナーも把握しておくことが妥当と言えるでしょう。